本気で痩せるダイエット



トレーニング器具
ダイエット5つの法則
ダイエット継続のコツ
ダイエットの基礎知識
食  事
トレーニング
トレーニング動画集
特 集
その他
| ダイエットの心構え | ダイエットに成功するには |  間違ったダイエット | 痩せる理屈はこれだ | ダイエット 法則のまとめ |
| 痩せるための目標を設定 | 無理なダイエットはしない事 |  痩せる事は我慢の繰り返し | 見て我慢する事もダイエット |
| ダイエットは自分との戦い |
| 体脂肪について | 痩せすぎのリスク |  同体重でも見栄えが違う理由 | 加齢により体型は変化する | 脂肪の種類 |
| 太る原因はこれだ | 基礎代謝について |
| 食事の基本 | 五大栄養素の特徴 | 五大栄養素の特徴(2) | 太りやすい食事法 | 調理方法で工夫しよう | 
| 体脂肪を燃焼させる栄養素 |  リバウンドの原理 | 成分の調べ方 |
| トレーニングのメリット | ウエイトトレーニングの必要性 |  有酸素運動の必要性 | 有酸素マシンの違い |
| スクワットの正しいフォーム | 腹筋の正しいやり方 |  お勧めワークアウト動画 |
| エステダイエット効果を検証 | 無料メール相談実施中 |  ダイエット記録用紙ダウンロード | ダイエットよくある質問Q&A |
| 相互リンクはこちら | リンク集 | 各種ご依頼はこちら | このホームページの使い方 | サイトマップ |





本気で痩せるダイエット『ホーム』 > トレーニング器具の選び方



−トレーニング器具の選び方−


←本気で痩せるダイエット『ホーム』


相互リンク募集中

 脚痩せならばエルセーヌがお勧め
  [エルセーヌ]骨盤ロマネスク脚やせ集中コース
 体験コース(3,150円)




 


 このページの関連ページ
 −トレーニング−
 ・トレーニングのメリット
 ・ウエイトトレーニングの必要性
 ・有酸素運動の必要性
 ・有酸素マシンの違い

 −食 事−
 ・食事の基本
 ・五大栄養素の特徴
 ・五大栄養素の特徴(2)
 ・太りやすい食事法
 ・調理方法で工夫しよう
 ・体脂肪を燃焼させる栄養素
 ・リバウンドの原理
 ・成分の調べ方



ダイエットで使用するトレーニング器具の選び方を紹介!


 トレーニング器具の選び方

 ・価格について
 ・重量について
 ・ネームバリューについて
 ・中古品は良いか
 ・スポーツジム入会との比較
 ・買い方のポイント


 トレーニングマシンを選ぶ際は、安全にトレーニングをするためにも、
 長くマシンを使用するためにも慎重に決める必要があります。

 トレーニングマシンは決して安くはないもの、それが、
 「すぐに壊れてしまった」「使い勝手が悪かった」では洒落になりません。
 失敗しない選択のためにも妥協をしない買い物をしましょう。



 ・価 格
  価格は最も優れた判断材料となります。
  トレーニングマシンやダイエットマシンは、安い物から高い物までピンキリですが、
  価格は強度や剛性の強さを表しています。
  従って、安易に安物を購入してしまう事は結果的に高い買い物になり兼ねないのです。

  実際に私も、低価格に惹かれてあるメーカーのアジャスタブルベンチを購入しましたが、
  購入から1ヶ月も満たない時期にネジが外れるなどのトラブルが起きました。

  また、そのベンチ台はインクライン、フラット、デクラインと、
  3方向に対応したベンチ台なのですが、
  その為か、ベンチの高さも平均より少し高く脚で踏ん張る事が出来ず使い辛さを感じました。

  現在購入から数年経ちますが、ネジは完全に抜け落ちシートパットと板の接着が甘いため、
  剥がれそうになっているというあり得ない状態です。
  使用するにしても安定性が欠けているため、常に注意を必要とします。

  このベンチ台は現品限りのセール品だったため、保障もきかずどうすることも出来ません。


  私の経験から分かるように、低価格にはそれなりの理由があります。
  ご自身の使用頻度や目的、将来設計に合わせた価格設定をしましょう。



 ・重 量
  重量も価格同様強度や剛性に関係してきます。
  他社製品と比較して余りにも軽い製品は購入を避けるべきです。

  また、ラックやバーベルなどの場合は、耐久重量も一つの指標です。
  大手メーカーと比較した際にどのくらいの差があるか、
  その差が大きく開いているのならば、やはり考えた方がいいでしょう。



 ・ネームバリュー
  最も簡単なマシンの選び方はネームバリューで選ぶことです。
  ネームバリューで選べば先ず失敗はありませんが、問題は価格が高いという事です。
  高いマシンでは100万円以上するものもありますが、
  スポーツジムで使用しているものと同じものなので品質は保証されています。
  主な大手メーカーは以下の通りです。

  マシン・器具別大手メーカー 一覧
  イバンコ………………ダンベル、プレート関係では最も多く使われているメーカー
  プリコー………………トレーニング器具専門メーカー。
            ウエイトトレーニングのマシンから有酸素マシンまで豊富なラインナップ。
  タフスタッフ…………ウエイトトレーニングマシンで有名。価格設定も家庭向け。
  ライフフィットネス…総合トレーニング器具メーカー。
            有酸素マシンは数多くのジムで使用される信頼感。

  また、これらのメーカー商品(一部を除く)は以下のサイトならば送料無料で購入できます。
  『ゴールドジム 楽天市場ウェブショップ』
  


 ・中古品は良いか
  トレーニングマシンやダイエットマシンの中古品は、市場に多く出回っています。
  実はスポーツジムでも殆どを中古品で揃えているところもあるくらいなので、
  品質を選べば中古品というのも選択肢の一つです。
  中古品を探すならばこちらがお勧めです。『リサイフィット』



 ・スポーツジム入会との比較
  スポーツジムの月会費は平均で9,450円が相場です。
  そうすると年間にしても113,400円であり、
  マシンを購入するよりもはるかに安いことが分かります。

  しかし、マシンを購入するメリットは自宅でできるという事です。
  スポーツジムに通うということは、多くの人とマシンを共有したり、外出のための準備をしたり、
  混んでいれば使いたいマシンの順番待ちもありますし、
  自宅の近くにスポーツジムが無ければ通う手間もかかります。

  その点自宅にマシンを購入する事は、
  全ての問題を解決してくれるのでお金に代えられないものがあります。

  スポーツジムかマシンの購入か、こればかりは個人の性格にもよります。
  たくさんのマシンを購入する前にジムに入会してみるのも良し、
  絶対自宅だ!という方は計画的にマシンを揃えてみるのも良し、
  ちなみに私は将来は自宅に専用ジムを作りたいと思っています(笑)



 ・買い方のポイント
  実際に使ってみる事が一番です。
  マシンを豊富に揃えるジムに入会して色々使ってみると向き不向きも分かってきます。
  私もジムに通い出してからマシンにも色々あるという事が見えてきました。

  しかし、わざわざ入会していられない方、マシン選びでお悩みの方は宜しければご連絡下さい。
  素人ではありますが、マシンにはうるさいので第三者としてのアドバイスをさせて頂きます。
  また、HPへの掲載をもって返信とさせて頂きます。
  ※直接メールへの返信は致しませんのでお間違いのないようお願い致します。
  『詳細はこちらから 無料メール相談実施中』





このページのトップへ


本気で痩せるダイエット『ホーム』 > トレーニング器具の選び方


Copyright All Reserved by 本気で痩せるダイエット since 2011