本気で痩せるダイエット



トレーニング器具
ダイエット5つの法則
ダイエット継続のコツ
ダイエットの基礎知識
食  事
トレーニング
トレーニング動画集
特 集
その他
| ダイエットの心構え | ダイエットに成功するには |  間違ったダイエット | 痩せる理屈はこれだ | ダイエット 法則のまとめ |
| 痩せるための目標を設定 | 無理なダイエットはしない事 |  痩せる事は我慢の繰り返し | 見て我慢する事もダイエット |
| ダイエットは自分との戦い |
| 体脂肪について | 痩せすぎのリスク |  同体重でも見栄えが違う理由 | 加齢により体型は変化する | 脂肪の種類 |
| 太る原因はこれだ | 基礎代謝について |
| 食事の基本 | 五大栄養素の特徴 | 五大栄養素の特徴(2) | 太りやすい食事法 | 調理方法で工夫しよう | 
| 体脂肪を燃焼させる栄養素 |  リバウンドの原理 | 成分の調べ方 |
| トレーニングのメリット | ウエイトトレーニングの必要性 |  有酸素運動の必要性 | 有酸素マシンの違い |
| スクワットの正しいフォーム | 腹筋の正しいやり方 |  お勧めワークアウト動画 |
| エステダイエット効果を検証 | 無料メール相談実施中 |  ダイエット記録用紙ダウンロード | ダイエットよくある質問Q&A |
| 相互リンクはこちら | リンク集 | 各種ご依頼はこちら | このホームページの使い方 | サイトマップ |





本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 競技系ダイエット > 各競技系ダイエットのメリットデメリット > テニス 管理人の体験談



−スポーツダイエット−


←『各競技系ダイエットのメリットデメリット』


相互リンク募集中

 脚痩せならばエルセーヌがお勧め
  [エルセーヌ]骨盤ロマネスク脚やせ集中コース
 体験コース(3,150円)




 


 このページの関連ページ
 −トレーニング−
 ・トレーニングのメリット
 ・ウエイトトレーニングの必要性
 ・有酸素運動の必要性
 ・有酸素マシンの違い

 −食 事−
 ・食事の基本
 ・五大栄養素の特徴
 ・五大栄養素の特徴(2)
 ・太りやすい食事法
 ・調理方法で工夫しよう
 ・体脂肪を燃焼させる栄養素
 ・リバウンドの原理
 ・成分の調べ方



本気で痩せるためのダイエットを紹介!


 テニス 管理人の体験談

 テニスの体験談をご紹介致します。

 私は今までに経験したスポーツの中でテニスが最もダイエット効果が高いと感じています。
 個人スポーツである事、競技時間が長い事、運動強度が高い事などがその理由です。

 これは、どのスポーツに関しても共通して言える事ですが、
 週に数回やることを前提とした上で、
 最高のダイエット効果が期待できるのがテニスだと言えるでしょう。


 実施内容は以下の通りです。

 期間:3年間 時間:4〜6時間 週:6日〜7日
 開始時の体重:60s 終了時の体重:60s
 テニス以外のダイエット等:無し




 <体験談>
 私は高校時代テニス部に所属していたので、その経験を記載したいと思います。

 私が通っていた学校は部活動に力を入れていた事もあり、
 テニスコートにもナイター設備が完備され、好きなだけ練習をする事が出来ました。
 私は早く上手くなりたかった事もあり、
 合同練習後も許される限りコートに残って練習していました。

 また、合同練習も非常に厳しいもので、テニスの技術向上に関する練習をびっしり行った後、
 5q〜10qのランニングを当たり前のように走らされていたので、
 今では考えられない程の運動量だったと思います。


 当時は、ダイエットなどする訳もなく食べたいものを食べていましたが、
 3年間体重は一定だったので極めて高いカロリー消費量だったのだと思います。


 部活動によるテニスは運動量も非常に高いので特殊な例ですが、
 ここまでやらなくてもテニスには十分なダイエット効果があります。

 例えば、毎日1時間ラリーをする、それだけで高いダイエット効果が得られますし、
 週に数回スクールに通っても同様の効果が期待出来ます。


 ただし、テニスによるダイエット効果を得るためには条件があります。
 テニスでは技術が向上しなければダイエット効果は得られません。

 テニスの場合、競技の難しさから初心者や中級者では満足なラリーが出来ません。
 ラリーが簡単に途絶えてしまうようでは運動量も低下してしまい、
 ダイエット効果も落ちてしまうのです。

 スクールならば上級クラスで十分やっていけるほどのレベルが必要です。


 テニスは、運動強度の高さからダイエットに適しているのですが、
 競技の難しさという意味では万人にお勧め出来るものではありません。

 知人に上級者がいて、その人が丁寧に教えてくれるという保証付きならば、
 これから始める方にもお勧め出来るスポーツダイエットです。



 <テニスの注意点>
 ・アキレス腱や肘を痛めやすい。
 ・スクールは習い事の中では割高。

 





このページのトップへ


本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 競技系ダイエット > 各競技系ダイエットのメリットデメリット > テニス 管理人の体験談


Copyright All Reserved by 本気で痩せるダイエット since 2011