本気で痩せるダイエット



トレーニング器具
ダイエット5つの法則
ダイエット継続のコツ
ダイエットの基礎知識
食  事
トレーニング
トレーニング動画集
特 集
その他
| ダイエットの心構え | ダイエットに成功するには |  間違ったダイエット | 痩せる理屈はこれだ | ダイエット 法則のまとめ |
| 痩せるための目標を設定 | 無理なダイエットはしない事 |  痩せる事は我慢の繰り返し | 見て我慢する事もダイエット |
| ダイエットは自分との戦い |
| 体脂肪について | 痩せすぎのリスク |  同体重でも見栄えが違う理由 | 加齢により体型は変化する | 脂肪の種類 |
| 太る原因はこれだ | 基礎代謝について |
| 食事の基本 | 五大栄養素の特徴 | 五大栄養素の特徴(2) | 太りやすい食事法 | 調理方法で工夫しよう | 
| 体脂肪を燃焼させる栄養素 |  リバウンドの原理 | 成分の調べ方 |
| トレーニングのメリット | ウエイトトレーニングの必要性 |  有酸素運動の必要性 | 有酸素マシンの違い |
| スクワットの正しいフォーム | 腹筋の正しいやり方 |  お勧めワークアウト動画 |
| エステダイエット効果を検証 | 無料メール相談実施中 |  ダイエット記録用紙ダウンロード | ダイエットよくある質問Q&A |
| 相互リンクはこちら | リンク集 | 各種ご依頼はこちら | このホームページの使い方 | サイトマップ |





本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 有酸素系ダイエット > 各有酸素系ダイエットのメリットデメリット > 自転車 管理人の体験談



−スポーツダイエット−


←『各有酸素系ダイエットのメリットデメリット』


相互リンク募集中

 脚痩せならばエルセーヌがお勧め
  [エルセーヌ]骨盤ロマネスク脚やせ集中コース
 体験コース(3,150円)




 


 このページの関連ページ
 −トレーニング−
 ・トレーニングのメリット
 ・ウエイトトレーニングの必要性
 ・有酸素運動の必要性
 ・有酸素マシンの違い

 −食 事−
 ・食事の基本
 ・五大栄養素の特徴
 ・五大栄養素の特徴(2)
 ・太りやすい食事法
 ・調理方法で工夫しよう
 ・体脂肪を燃焼させる栄養素
 ・リバウンドの原理
 ・成分の調べ方



本気で痩せるためのダイエットを紹介!


 自転車 管理人の体験談

 自転車ダイエットの体験談をご紹介致します。

 私の自転車ダイエットは、主にスポーツジムへの往復がメインです。
 また、休日には自宅から40q離れた海を目指したことも何度かあります。

 自転車ダイエットのメリットは、疲れてきても前に進む事だと思います。
 自転車で立ち止まって休みたくなる事って滅多にないですよね。
 そこが最大のメリットです。

 反対にデメリットは、いくらでも楽できてしまうこと。
 他の有酸素系ダイエットと比べて自転車は軽くこぐだけで進んでくれますので、
 よほどダイエットを意識してやらないと、高い効果は得られません。


 実施内容は以下の通りです。

 期間:6ヶ月以上 距離:12キロ 週:4日〜6日
 体重:スポーツジムの往復時記録なし、海に行った際は数sダウン
 自転車以外のダイエット等:ウエイトトレーニング週4日〜6日、食事制限なし




 <体験談>
 自転車ダイエットは、日々の生活の中に取り入れる事をお勧めします。
 普段車で行動している方は、可能な限り移動手段を自転車にしてみましょう。

 実際に私も、スポーツジムに通うのは車が殆どでしたが、
 体力を付けたかったので自転車に切り替えました。

 自転車は平坦な道では決して大変ではありません。
 大変なのは上り坂のみ、見た目ほどダイエット効果がないのはそのためです。

 スポーツ自転車に乗っている方のように、
 車道で勢い良く走れるならば高いダイエット効果がありますが、
 危険性を伴いますのでお勧めできません。

 それよりも、「車」から「自転車」に切り替えるだけで、
 十分なダイエット効果があるのでそこから始めましょう。



 私の場合は、スポーツジムへの往復を自転車に切り替えた訳ですが、
 残念ながら当時の記録を残しておらず、体重の変化を記載する事は出来ませんが、
 切り替え当初は、確かな疲れを感じていた事を覚えていました。

 車ならばとっくに帰宅している時間なのに、まだ帰宅途中、
 上り坂も何とか立ち止まらずにこいでいたので、一苦労でした。

 今でこそ慣れてしまいましたが、当時は疲れ度合いが違ったことから、
 多少のダイエット効果もあったのだと思います。

 また、休日に自宅から40q離れた海まで行った事があります。
 最初に行った時は8月だったので、体力も急激に奪われ本当に大変な状態でした。

 その時は水分しか持っていかなかったので、
 復路は体力が尽きていて、何度も自転車を止めて休んだりもしていました。
 本当に限界だったのだと思います。
 水を4L持って行きましたが、それも殆ど空。
 最終的に日が落ちて何とか救われましたが、あれは地獄でした。

 その日は約80q走ったことになりますが、
 それだけ走れば自転車ダイエットも十分効果があります。
 朝食しか食べていなかった事もあり、数キロ体重が落ちていたと記憶しています。

 しかし、実行するならば健康管理や食事の準備は必須です。



 自転車ダイエットを通して私が感じた事は、
 有酸素系ダイエットのメイン種目にすべきではないということです。
 あくまでサブ種目が適当でしょう。

 例えば、平日はジョギングをして、
 休日にサイクリングとして長距離の自転車ダイエットを行うなど、
 楽しめる形で実施した方が効率的だと感じました。


 また、自転車ダイエットをメインの有酸素ダイエットにするならば、
 エアロバイクがお勧めです。

 ダイエットを目的として自転車を走らせるのは危険が多すぎますので、
 自宅でできるエアロバイクが良いと思います。


 自転車でダイエットをするならば、
 車の代わりとして、またサイクリングなどのレジャー目的として活用する事を、
 私は推奨致します。



 <自転車ダイエットの注意点>
 ・自転車道路が整備された場所は少なく歩行者・車等との接触の可能性があり大変危険。
 ・タイヤがパンクするとどうにもならない。

 





このページのトップへ


本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 有酸素系ダイエット > 各有酸素系ダイエットのメリットデメリット > 自転車 管理人の体験談


Copyright All Reserved by 本気で痩せるダイエット since 2011