本気で痩せるダイエット



トレーニング器具
ダイエット5つの法則
ダイエット継続のコツ
ダイエットの基礎知識
食  事
トレーニング
トレーニング動画集
特 集
その他
| ダイエットの心構え | ダイエットに成功するには |  間違ったダイエット | 痩せる理屈はこれだ | ダイエット 法則のまとめ |
| 痩せるための目標を設定 | 無理なダイエットはしない事 |  痩せる事は我慢の繰り返し | 見て我慢する事もダイエット |
| ダイエットは自分との戦い |
| 体脂肪について | 痩せすぎのリスク |  同体重でも見栄えが違う理由 | 加齢により体型は変化する | 脂肪の種類 |
| 太る原因はこれだ | 基礎代謝について |
| 食事の基本 | 五大栄養素の特徴 | 五大栄養素の特徴(2) | 太りやすい食事法 | 調理方法で工夫しよう | 
| 体脂肪を燃焼させる栄養素 |  リバウンドの原理 | 成分の調べ方 |
| トレーニングのメリット | ウエイトトレーニングの必要性 |  有酸素運動の必要性 | 有酸素マシンの違い |
| スクワットの正しいフォーム | 腹筋の正しいやり方 |  お勧めワークアウト動画 |
| エステダイエット効果を検証 | 無料メール相談実施中 |  ダイエット記録用紙ダウンロード | ダイエットよくある質問Q&A |
| 相互リンクはこちら | リンク集 | 各種ご依頼はこちら | このホームページの使い方 | サイトマップ |





本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 有酸素系ダイエット > 各有酸素系ダイエットのメリットデメリット > 水泳 管理人の体験談



−スポーツダイエット−


←『各有酸素系ダイエットのメリットデメリット』


相互リンク募集中

 脚痩せならばエルセーヌがお勧め
  [エルセーヌ]骨盤ロマネスク脚やせ集中コース
 体験コース(3,150円)




 


 このページの関連ページ
 −トレーニング−
 ・トレーニングのメリット
 ・ウエイトトレーニングの必要性
 ・有酸素運動の必要性
 ・有酸素マシンの違い

 −食 事−
 ・食事の基本
 ・五大栄養素の特徴
 ・五大栄養素の特徴(2)
 ・太りやすい食事法
 ・調理方法で工夫しよう
 ・体脂肪を燃焼させる栄養素
 ・リバウンドの原理
 ・成分の調べ方



本気で痩せるためのダイエットを紹介!


 水泳 管理人の体験談

 水泳の体験談をご紹介致します。

 水泳ダイエットを始めたきっかけは、私が通っているスポーツジムにプールがあったからです。
 「たまには泳ごう」くらいのつもりでプールを利用しましたが、
 思った以上に気持ちが良かったので、
 どうせなら水泳でダイエットしてみようというのが始まりです。

 水泳はジョギングなどの有酸素運動と違って筋力トレーニングにもなることが一つの特徴です。
 主に肩周りから胸部などの上半身ですが、それでも十分なトレーニング効果があります。

 しかし、水中ウォーキングでは高いダイエット効果は望めません。
 可能ならば、歩くのではなく、泳ぐ事、また距離を決めて泳ぐ事を心掛けましょう。


 実施内容は以下の通りです。

 期間:1ヶ月 距離:250m前後 週:4日〜6日 
 開始時の体重:75s 終了時の体重:73s
 水泳以外のダイエット等:ウエイトトレーニング週4日〜6日、食事制限なし




 <体験談>
 私は水泳は決して得意な方ではありませんが、
 クロール・背泳ぎ・平泳ぎなら普通には泳げます。

 また、元々海などの海水浴は好きな方なので水泳にも少し興味があったのです。
 なので、久しぶりに泳いだ事もあり開始当初は水に浮かぶ解放感からかすごく楽しかったです。

 今回の水泳ダイエットで初めに決めた事は『無理な目標は立てない』これでした。
 決して得意分野ではないので、
 例えば1日500m以上とか過酷な目標を立てると続けられる自信がありませんでした。

 ですので、私が立てた目標は10往復すれば良い、
 つまり25mプールなので250mということになります。


 10往復は私にとってちょうど良い距離でした。
 程良い疲れはありますが、同時にもう少し泳げる、そう感じられる距離なのです。
 なので、10往復が12往復になる日もありましたし、最大で20往復した日もありました。

 結果的に、10往復で良いと自分の中では決めているのですが、
 それ以上泳ぐならいつ止めても良いという安心感から、
 250m以上泳いだ日が殆どだったと思います。

 これは心理的なものですが、
 敢えて限界設定を低くすることで、より大きな結果が得られることがあります。

 それは、この程度ではダメという不安感と、
 ここさえ超えればよいという安心感のバランスが良い時に結果を出せるものです。
 低すぎる目標では結果は得られませんし、高すぎる目標では挫折してしまいます。
 ダイエットでは、ほどよく厳しい目標を立てることが重要です。
 間違いのない目標設定をしましょう。



 さて、今回の水泳ダイエットの結果ですが、食事制限をしなかったこともあり、
 マイナス2s減という結果に終わりました。

 この数字は1ヶ月2s減という理想的な減量値に見えますが、
 開始の1ヶ月に表れた結果なので素直に喜べないところがあります。

 ダイエットは開始の1ヶ月が最も体重が落ちる時期です。
 また、この水泳ダイエットでは食事制限はしなくても食べる量を増やした訳ではないので、
 単純に消費カロリーが増えたことになります。

 従って、1ヶ月で2s減のダイエットに成功した訳ですが、
 2ヶ月目以降はダイエットの停滞期等もあるため落ちるペースが遅くなります。
 従って、同じように体重が落ちていく事は無かったでしょう。


 水泳ダイエットで痩せるコツは、「泳ぎ方・一定の速度・距離」これが大切です。
 泳ぎ方は動作の大きいクロールにして、速度は苦しくない程度である程度速い速度、
 また、距離は水泳だけでダイエットをするならばかなりの距離が必要だと思います。


 個人的にはジョギングなどで走る方がお勧めですが、
 水泳が得意な方は選択肢の一つと言えるでしょう。



 <水泳の注意点>
 ・コースが整備されたプールでないと泳ぎ辛い。

 





このページのトップへ


本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 有酸素系ダイエット > 各有酸素系ダイエットのメリットデメリット > 水泳 管理人の体験談


Copyright All Reserved by 本気で痩せるダイエット since 2011