本気で痩せるダイエット



トレーニング器具
ダイエット5つの法則
ダイエット継続のコツ
ダイエットの基礎知識
食  事
トレーニング
トレーニング動画集
特 集
その他
| ダイエットの心構え | ダイエットに成功するには |  間違ったダイエット | 痩せる理屈はこれだ | ダイエット 法則のまとめ |
| 痩せるための目標を設定 | 無理なダイエットはしない事 |  痩せる事は我慢の繰り返し | 見て我慢する事もダイエット |
| ダイエットは自分との戦い |
| 体脂肪について | 痩せすぎのリスク |  同体重でも見栄えが違う理由 | 加齢により体型は変化する | 脂肪の種類 |
| 太る原因はこれだ | 基礎代謝について |
| 食事の基本 | 五大栄養素の特徴 | 五大栄養素の特徴(2) | 太りやすい食事法 | 調理方法で工夫しよう | 
| 体脂肪を燃焼させる栄養素 |  リバウンドの原理 | 成分の調べ方 |
| トレーニングのメリット | ウエイトトレーニングの必要性 |  有酸素運動の必要性 | 有酸素マシンの違い |
| スクワットの正しいフォーム | 腹筋の正しいやり方 |  お勧めワークアウト動画 |
| エステダイエット効果を検証 | 無料メール相談実施中 |  ダイエット記録用紙ダウンロード | ダイエットよくある質問Q&A |
| 相互リンクはこちら | リンク集 | 各種ご依頼はこちら | このホームページの使い方 | サイトマップ |





本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 有酸素系ダイエット > 各有酸素系ダイエットのメリットデメリット > ジョギング 管理人の体験談



−スポーツダイエット−


←『各有酸素系ダイエットのメリットデメリット』


相互リンク募集中

 脚痩せならばエルセーヌがお勧め
  [エルセーヌ]骨盤ロマネスク脚やせ集中コース
 体験コース(3,150円)




 


 このページの関連ページ
 −トレーニング−
 ・トレーニングのメリット
 ・ウエイトトレーニングの必要性
 ・有酸素運動の必要性
 ・有酸素マシンの違い

 −食 事−
 ・食事の基本
 ・五大栄養素の特徴
 ・五大栄養素の特徴(2)
 ・太りやすい食事法
 ・調理方法で工夫しよう
 ・体脂肪を燃焼させる栄養素
 ・リバウンドの原理
 ・成分の調べ方



本気で痩せるためのダイエットを紹介!


 ジョギング 管理人の体験談

 ジョギングの体験談をご紹介致します。

 私は有酸素運動の中でジョギングを最も多く取り入れています。
 私の場合、トレッドミルも含めて7キロ〜8キロの速度で走る事が多いです。
 現在は、自宅でトレッドミル+テレビがお気に入りなので、屋外を走る事はありませんが、
 過去の体験をご報告いたします。

 7キロ〜8キロこの速度だとあまり疲れることもなく、長時間走っていられる、
 さらに脈拍数120〜140くらいをキープ出来ますので、
 脂肪燃焼が促進されダイエットには理想的な速度なのです。
 ※理想脈拍数は個人差があります。『詳細はこちら』


 実施内容は以下の通りです。

 期間:2ヶ月 時間:1時間〜1時間半 週:4日〜6日 時間帯:夜 季節:2月〜3月
 開始時の体重:78s 終了時の体重:70s
 ジョギング以外のダイエット等:ウエイトトレーニング週4日〜6日、食事制限




 <体験談>
 このジョギングダイエットは大学生の春期休暇に実施しました。
 当時はウエイトトレーニングもしていたので、
 鍛え上げた体を最後の仕上げに有酸素運動で絞る、といった目的でした。

 またこの時は、既にダイエット期間中でもあり前年の12月から食事制限をしていました。
 12月のダイエット開始当初は83sあった体重が、
 2月のジョギング開始当初は78sまで減少していたことになります。

 つまり、食事制限と筋力トレーニングだけでも体重や体脂肪を減少させることは確実に可能です。
 しかし、最終的に残る脂肪(腹部周辺)を取る為に、
 また、脂肪燃焼を促進させるためにも有酸素運動が必要になってきます。


 今回のジョギングは一時的なダイエット(試験的なダイエット)が目的だったため、
 有酸素運動の期間は2ヶ月に限定しています。

 一般的なダイエットでは、長期計画で考えますので、
 食事制限・有酸素運動・筋力トレーニングを並行して長期的に進めていきます。

 従って、今回私が行ったダイエットは少し特殊です。
 開始の2ヶ月は食事制限と筋力トレーニングのみ、
 その後2ヶ月は有酸素運動も加える、
 この方法はボディービルダーの減量方法でもあります。

 これからダイエットを始める方は、
 基本的には食事制限・有酸素運動・筋力トレーニングを並行する方法が
 結果も得られやすくお勧めです。




 さて、ダイエット効果についてご紹介させて頂きます。
 先ずはジョギングをしていない開始の2ヶ月、
 この期間で5sのダイエットに成功していますので、ペース等々順調と言えます。

 また、開始1ヶ月は最も痩せる時期でもあります。
 その反面、今まで食べれていたものを極端に控えないといけないので最も苦しい時期でもあります。

 しかし、この1ヶ月を乗り越えると、成分の見分け方が分かってきて、
 「食べて良い物・悪い物」の区別が付きやすくなるので、
 極端な食事制限をする必要がなくなり、
 ここまでしなくてもダイエットできるんだ!とかなり気が楽になります。
 このサイトをご覧の皆さん、この状態になれるまで頑張りましょう!


 ダイエット3ヶ月目、ここでジョギング開始です。
 食事制限と筋力トレーニングにプラスして有酸素運動を取り入れた事で、
 ダイエット効果は大幅に飛躍しました。

 今回はトレッドミルではなく、屋外を走ったのでアップダウンのあるコースです。
 その分消費カロリーも大きく使用する筋力も増えてきます。

 ジョギングの効果はすぐに数字となって表れました。
 開始から3日から4日目くらいだったと思いますが、
 体重と体脂肪率がいつもより速いペースで落ちていました。

 ダイエットも3ヶ月目に入り、食事量も減らしていた事もありますが、
 確実な効果だと思います。

 また私はダイエットをする時は、
 食事内容と体重・ウエストを毎日計測し記録しますが、
 当時を振り返ると食事内容は急激に体重が落ちる程減らしていなかったので、
 ジョギングの効果であることは間違いなさそうです。

 結果的にこの2月(3ヶ月目)で5s痩せることが出来ました。
 これはダイエットの1ヶ月2sの減量が理想的、という理屈に反しており、
 4ヶ月目はジョギング量と食事制限を調整しましたが、それでも3s体重が落ちました。


 この当時は激やせだったようで、
 周囲からも「痩せた」と言われる事が多かったことを覚えています。


 ジョギングを取り入れたダイエットに関して、
 食事制限と筋力トレーニング、そして有酸素運動を加えれば確実に結果はついてきます。
 しかし現実問題として、全てを行うことは難しい場合もあります。

 そういう時は、ある程度の食事制限を基本として、
 筋力トレーニングと有酸素運動を交互に行う事で十分にダイエット効果があります。


 良くない方法としては、ジョギングのみ、筋力トレーニングのみといったダイエットです。
 有酸素運動・筋力トレーニングにはそれぞれにメリットデメリットがあります。
 詳細はこちら『ウエイトトレーニングの必要性』『有酸素運動の必要性』

 従って、ダイエットでは食事制限・有酸素運動・筋力トレーニングを可能な限り取り入れましょう。



 <冬季ジョギングの注意点>
 ・ストレッチを入念に行う事
 ・防寒対策(手袋・耳あて等も必要、またそれらを収納できる上着を着ておくと便利)
 ・リップクリーム(寒さで唇が割れます)

 





このページのトップへ


本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 有酸素系ダイエット > 各有酸素系ダイエットのメリットデメリット > ジョギング 管理人の体験談


Copyright All Reserved by 本気で痩せるダイエット since 2011