本気で痩せるダイエット



トレーニング器具
ダイエット5つの法則
ダイエット継続のコツ
ダイエットの基礎知識
食  事
トレーニング
トレーニング動画集
特 集
その他
| ダイエットの心構え | ダイエットに成功するには |  間違ったダイエット | 痩せる理屈はこれだ | ダイエット 法則のまとめ |
| 痩せるための目標を設定 | 無理なダイエットはしない事 |  痩せる事は我慢の繰り返し | 見て我慢する事もダイエット |
| ダイエットは自分との戦い |
| 体脂肪について | 痩せすぎのリスク |  同体重でも見栄えが違う理由 | 加齢により体型は変化する | 脂肪の種類 |
| 太る原因はこれだ | 基礎代謝について |
| 食事の基本 | 五大栄養素の特徴 | 五大栄養素の特徴(2) | 太りやすい食事法 | 調理方法で工夫しよう | 
| 体脂肪を燃焼させる栄養素 |  リバウンドの原理 | 成分の調べ方 |
| トレーニングのメリット | ウエイトトレーニングの必要性 |  有酸素運動の必要性 | 有酸素マシンの違い |
| スクワットの正しいフォーム | 腹筋の正しいやり方 |  お勧めワークアウト動画 |
| エステダイエット効果を検証 | 無料メール相談実施中 |  ダイエット記録用紙ダウンロード | ダイエットよくある質問Q&A |
| 相互リンクはこちら | リンク集 | 各種ご依頼はこちら | このホームページの使い方 | サイトマップ |





本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 同体重でも見栄えが違う理由



−ダイエットの基礎知識−


←本気で痩せるダイエット『ホーム』  『体脂肪増加の原因と対策』→


相互リンク募集中

 脚痩せならばエルセーヌがお勧め
  [エルセーヌ]骨盤ロマネスク脚やせ集中コース
 体験コース(3,150円)




 


 このページの関連ページ
 −実践ダイエット−
 ・はじめに
 ・データの記録
 ・食事制限開始
 ・運動の選択

 −スポーツダイエット−
 ・有酸素系ダイエット
 ・競技系ダイエット
 ・スポーツジムダイエット
 ・ヨガで痩せる

 −室内ダイエット−
 ・室内ダイエットのメリット
 ・ビリーズブートキャンプ
 ・コアリズム
 ・トレーシーメソッド
 ・フィギュアロビクス
 ・レッグマジック
 ・エアロビ系ダイエット徹底比較
 ・エアロビ系ダイエット状況別比較
 ・有酸素マシンで痩せる
 ・カロリー計算ダイエット




本気で痩せるためのダイエットを紹介!


 同体重でも見栄えが違う理由

 筋肉質な体か、体脂肪が多い体かで体重が同じでもスタイルや見え方は大きく変わります。
 これは、特に男性の場合顕著に表れます。

 K1(70s級)選手を例に見てみましょう。
 70s級の選手の平均身長は約170pですが、
 彼らは170p70sでも筋肉質で引き締まった体をしています。

 しかしながら、一般的な成人男性の場合170p70sですと、BMIは24.2となり、
 適正範囲内ぎりぎりです。(25.0から肥満度1)

 また170p70s、BMI値24.2という体型は決して引き締まった体ではありません。
 K1(70s級)選手と一般的な成人男性(70s)を見比べた場合、当然ウエストも違いますし、
 同じ体重とは思えないほどの違いを感じるはずです。

 このことから分かるように、筋肉によって体が引き締まっているのか、
 体脂肪が体を大きくさせているのかによって同じ体重でもその差は歴然となります。


 女性も女性アスリートと比較した場合は、同じ事が言えます。
 最も、多くの女性がアスリート体型になることを望まないと思いますが、
 それでも、鍛えている人とそうでない人では見え方は大きく違ってきます。


 これは私の持論ですが、「ダイエットをするなら美しく痩せる」といつも考えています。
 折角ダイエットに成功しても、引き締まっていなかったらちょっと勿体ない気がします。

 ダイエットをする時に、
 「痩せる」という意識よりも「ボディーメイク」という意識を持つと
 結果が変わってくるかもしれません。

 





このページのトップへ


本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 同体重でも見栄えが違う理由


Copyright All Reserved by 本気で痩せるダイエット since 2011