本気で痩せるダイエット



トレーニング器具
ダイエット5つの法則
ダイエット継続のコツ
ダイエットの基礎知識
食  事
トレーニング
トレーニング動画集
特 集
その他
| ダイエットの心構え | ダイエットに成功するには |  間違ったダイエット | 痩せる理屈はこれだ | ダイエット 法則のまとめ |
| 痩せるための目標を設定 | 無理なダイエットはしない事 |  痩せる事は我慢の繰り返し | 見て我慢する事もダイエット |
| ダイエットは自分との戦い |
| 体脂肪について | 痩せすぎのリスク |  同体重でも見栄えが違う理由 | 加齢により体型は変化する | 脂肪の種類 |
| 太る原因はこれだ | 基礎代謝について |
| 食事の基本 | 五大栄養素の特徴 | 五大栄養素の特徴(2) | 太りやすい食事法 | 調理方法で工夫しよう | 
| 体脂肪を燃焼させる栄養素 |  リバウンドの原理 | 成分の調べ方 |
| トレーニングのメリット | ウエイトトレーニングの必要性 |  有酸素運動の必要性 | 有酸素マシンの違い |
| スクワットの正しいフォーム | 腹筋の正しいやり方 |  お勧めワークアウト動画 |
| エステダイエット効果を検証 | 無料メール相談実施中 |  ダイエット記録用紙ダウンロード | ダイエットよくある質問Q&A |
| 相互リンクはこちら | リンク集 | 各種ご依頼はこちら | このホームページの使い方 | サイトマップ |





本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 五大栄養素の特徴



−食 事−


←本気で痩せるダイエット『ホーム』  『五大栄養素 脂質』→


相互リンク募集中

 脚痩せならばエルセーヌがお勧め
  [エルセーヌ]骨盤ロマネスク脚やせ集中コース
 体験コース(3,150円)




 


 このページの関連ページ
 −実践ダイエット−
 ・はじめに
 ・データの記録
 ・食事制限開始
 ・運動の選択

 −スポーツダイエット−
 ・有酸素系ダイエット
 ・競技系ダイエット
 ・スポーツジムダイエット
 ・ヨガで痩せる

 −室内ダイエット−
 ・室内ダイエットのメリット
 ・ビリーズブートキャンプ
 ・コアリズム
 ・トレーシーメソッド
 ・フィギュアロビクス
 ・レッグマジック
 ・エアロビ系ダイエット徹底比較
 ・エアロビ系ダイエット状況別比較
 ・有酸素マシンで痩せる
 ・カロリー計算ダイエット




本気で痩せるためのダイエットを紹介!


 五大栄養素の特徴・炭水化物

 ダイエットを効率的に進めるために、五大栄養素について理解を深めておきましょう。
 五大栄養素とは、炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル(無機質)の事です。
 全てが体にとって重要な栄養素である一方、太る原因となっているものもあります。
 太る原因を理解しダイエットに生かしましょう。


 ・炭水化物(糖質)
  炭水化物は体を動かすエネルギーとして使われ、脳へ栄養を送る唯一の栄養素でもあります。
  体のエネルギーになる栄養素には炭水化物(糖質)と脂質とがありますが、
  脂質によるエネルギーは、ウォーキングや息が上がらない程度のジョギングなどで燃焼されます。

  それに対して炭水化物は、
  無酸素運動(ダッシュやウエイトトレーニングなど)やランニングなどで使われます。
  炭水化物はガソリンのようなもので、不足すると動けなくなったり頭が働かなくなったりします。
 
  日常的には、脂質によるエネルギーよりも炭水化物によるエネルギーの方が多く利用されます。
  従って、炭水化物はなくてはならない栄養素なのです。

  また、炭水化物を多く含む食べ物としては、ご飯やパン、麺類などで、
  1日の総カロリーに対してカロリー50%程の炭水化物が必要です。
  これは、ダイエット中でも必要な摂取量です。

  痩せたいからと言って炭水化物を摂らないことは、
  エネルギー面から見ても、脳への栄養面から見ても間違いなのです。


  摂取した炭水化物はブドウ糖に分解され即効性のあるエネルギーとなります。
  また、グリコーゲンに変化し肝臓や筋肉に蓄えられ、エネルギー源となりますが、
  余計に摂り過ぎた分は体脂肪になってしまうので注意が必要です。


  炭水化物のまとめとして、『必要量の摂取は必須だが摂り過ぎに注意』ということになります。
  特にダイエット時には、適正量の摂取に心掛けましょう。

 





このページのトップへ


本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 五大栄養素の特徴


Copyright All Reserved by 本気で痩せるダイエット since 2011