本気で痩せるダイエット



トレーニング器具
ダイエット5つの法則
ダイエット継続のコツ
ダイエットの基礎知識
食  事
トレーニング
トレーニング動画集
特 集
その他
| ダイエットの心構え | ダイエットに成功するには |  間違ったダイエット | 痩せる理屈はこれだ | ダイエット 法則のまとめ |
| 痩せるための目標を設定 | 無理なダイエットはしない事 |  痩せる事は我慢の繰り返し | 見て我慢する事もダイエット |
| ダイエットは自分との戦い |
| 体脂肪について | 痩せすぎのリスク |  同体重でも見栄えが違う理由 | 加齢により体型は変化する | 脂肪の種類 |
| 太る原因はこれだ | 基礎代謝について |
| 食事の基本 | 五大栄養素の特徴 | 五大栄養素の特徴(2) | 太りやすい食事法 | 調理方法で工夫しよう | 
| 体脂肪を燃焼させる栄養素 |  リバウンドの原理 | 成分の調べ方 |
| トレーニングのメリット | ウエイトトレーニングの必要性 |  有酸素運動の必要性 | 有酸素マシンの違い |
| スクワットの正しいフォーム | 腹筋の正しいやり方 |  お勧めワークアウト動画 |
| エステダイエット効果を検証 | 無料メール相談実施中 |  ダイエット記録用紙ダウンロード | ダイエットよくある質問Q&A |
| 相互リンクはこちら | リンク集 | 各種ご依頼はこちら | このホームページの使い方 | サイトマップ |





本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 五大栄養素の特徴 > 五大栄養素 脂質 > 五大栄養素 たんぱく質



−食 事−


←『五大栄養素 脂質』


相互リンク募集中

 脚痩せならばエルセーヌがお勧め
  [エルセーヌ]骨盤ロマネスク脚やせ集中コース
 体験コース(3,150円)




 


 このページの関連ページ
 −実践ダイエット−
 ・はじめに
 ・データの記録
 ・食事制限開始
 ・運動の選択

 −スポーツダイエット−
 ・有酸素系ダイエット
 ・競技系ダイエット
 ・スポーツジムダイエット
 ・ヨガで痩せる

 −室内ダイエット−
 ・室内ダイエットのメリット
 ・ビリーズブートキャンプ
 ・コアリズム
 ・トレーシーメソッド
 ・フィギュアロビクス
 ・レッグマジック
 ・エアロビ系ダイエット徹底比較
 ・エアロビ系ダイエット状況別比較
 ・有酸素マシンで痩せる
 ・カロリー計算ダイエット




本気で痩せるためのダイエットを紹介!


 五大栄養素 たんぱく質

 ・たんぱく質
  筋肉や骨格はもちろん、
  血液・毛髪に至るまで人体のありとあらゆる部分に使われる栄養素がたんぱく質です。

  特に筋肉はその殆どがたんぱく質から構成されており、
  筋肉を発達させるためにはたんぱく質の摂取は不可欠です。

  また、ダイエット効果を高める基礎代謝UPのためにも筋肉の発達は欠かせないので、
  重要な栄養素となってきます。

  たんぱく質には体内で合成できる非必須アミノ酸と合成できない必須アミノ酸とがあります。
  合成できない必須アミノ酸は、食事やサプリメントからの摂取が必要となりますので、
  積極的且つバランスよく摂取しましょう。

  必須アミノ酸を含む食品(チーズ・牛乳・肉類・レバー・魚介類・卵など)。


  また、たんぱく質は筋肉を使う事によって減少します。
  従って、トレーニングや運動強度によってその摂取量をコントロールすることが一般的です。

  例えば、ボディービルダーやプロスポーツ選手のような、
  筋力トレーニングや筋肉を使う事が生活の中心となっている人の場合は、
  体重の2〜3倍の摂取が必要と言われています。
  そのくらい摂取しないと筋肉の回復に対してたんぱく質量が追い付かないということです。

  しかし、一般の方がダイエット目的でトレーニングをする場合は、
  通常の食事の中で摂取できる量で充分です。

  摂取量の目安としては、成人男性で65g〜70g、成人女性で55gほどになります。
  バランスの良い食事とたんぱく質摂取を心掛けましょう。

 





このページのトップへ


本気で痩せるダイエット『ホーム』 > 五大栄養素の特徴 > 五大栄養素 脂質 > 五大栄養素 たんぱく質


Copyright All Reserved by 本気で痩せるダイエット since 2011