本気で痩せるダイエット



トレーニング器具
ダイエット5つの法則
ダイエット継続のコツ
ダイエットの基礎知識
食  事
トレーニング
トレーニング動画集
特 集
その他
| ダイエットの心構え | ダイエットに成功するには |  間違ったダイエット | 痩せる理屈はこれだ | ダイエット 法則のまとめ |
| 痩せるための目標を設定 | 無理なダイエットはしない事 |  痩せる事は我慢の繰り返し | 見て我慢する事もダイエット |
| ダイエットは自分との戦い |
| 体脂肪について | 痩せすぎのリスク |  同体重でも見栄えが違う理由 | 加齢により体型は変化する | 脂肪の種類 |
| 太る原因はこれだ | 基礎代謝について |
| 食事の基本 | 五大栄養素の特徴 | 五大栄養素の特徴(2) | 太りやすい食事法 | 調理方法で工夫しよう | 
| 体脂肪を燃焼させる栄養素 |  リバウンドの原理 | 成分の調べ方 |
| トレーニングのメリット | ウエイトトレーニングの必要性 |  有酸素運動の必要性 | 有酸素マシンの違い |
| スクワットの正しいフォーム | 腹筋の正しいやり方 |  お勧めワークアウト動画 |
| エステダイエット効果を検証 | 無料メール相談実施中 |  ダイエット記録用紙ダウンロード | ダイエットよくある質問Q&A |
| 相互リンクはこちら | リンク集 | 各種ご依頼はこちら | このホームページの使い方 | サイトマップ |





本気で痩せるダイエット『ホーム』 > ダイエットワンポイントアドバイス > ダイエットとストレス対策



−アドバイス−




相互リンク募集中

 脚痩せならばエルセーヌがお勧め
  [エルセーヌ]骨盤ロマネスク脚やせ集中コース
 体験コース(3,150円)




 


 このページの関連ページ
 −トレーニング−
 ・トレーニングのメリット
 ・ウエイトトレーニングの必要性
 ・有酸素運動の必要性
 ・有酸素マシンの違い

 −食 事−
 ・食事の基本
 ・五大栄養素の特徴
 ・五大栄養素の特徴(2)
 ・太りやすい食事法
 ・調理方法で工夫しよう
 ・体脂肪を燃焼させる栄養素
 ・リバウンドの原理
 ・成分の調べ方



本気で痩せるためのダイエットを紹介!


 ダイエットとストレス対策

 ダイエット中は、食事制限や厳しい運動からくるストレスで、
 イライラしたり落ち込んだり、時に人にあたってしまったりすることもあると思います。

 イライラしたりストレスを感じることは仕方ないことですが、
 これらを感じた時に上手く対処することができれば、
 ダイエットはもちろん、日常生活でも爽やかに生活することができるでしょう。

 今回のテーマは『ダイエットとストレス対策』
 ストレスやイラつきを感じた時の対処法や付き合い方をご紹介致します。


 ・ストレスの原因
  日常生活はストレス要因のかたまりです。
  厳しいこと、辛いこと、嫌なことはもちろんですが、
  嬉しいこと、楽しいことなどもストレスの原因となります。

  つまりは、生活をする中でストレスをためないという事自体が不可能な訳ですが、
  精神的な苦しみの連続は、病気にも繋がりかねませんし、
  肉体的な疲労にも繋がります。

  ストレスの最も大きな原因は、精神的な苦痛と言えそうです。


 ・ストレスの対処法1
  ストレスがたまってイライラしてしている時は、
  日光を浴びながら深呼吸をしたり散歩をしてみたりすることが効果的です。
  日光には、ストレスを和らげるホルモンを活性化させる働きがあり、
  その環境下で、ゆっくりすることや軽い運動をすることが対策になります。

  休日は早朝にウォーキングをしたり、
  日当たりのよい場所を目指して散歩をしてみたりすることも良いかもしれないですね。

  反対に、引きこもり生活や昼夜逆転の生活、
  運動不足はストレスをためやすいので注意しましょう。


 ・ストレスの対処法2
  同じ毎日の繰り返しにしない。
  単純な毎日を繰り返していると、それがストレスとなり落ち込みなどの原因にもなります。
  1日1日変化のある毎日にして、良い刺激を与えることでストレス対策をしましょう。

  特に、ダイエット中は食事内容が固定しがちです。
  面倒くさくても食卓に変化をつけ、マンネリ化しないように注意しましょう。


 ・ストレスとの付き合い方
  様々な対策や対処をしてもストレスはたまってしまうものだと思います。
  そんな時は如何にして付き合うかが大切です。

  1.ストレスに弱いことを認める
    すぐにイライラする人はストレス耐性が弱いということが考えられるそうです。
    これは別に悪いことではありませんし、訓練で強くなるものです。
    大切なことは「自分はストレスに対する耐性が弱い」と素直に認めることです。
    それを認めることで冷静に自分自身を見つめることができるようになりますし、
    その繰り返しによって次第にストレスにも強くなります。

  2.原因を考える
    「今日は朝からイライラするな」という日、ありますよね?
    こんな時はずっとイライラしているよりも、
    どうしてイライラしているのかという原因を考えることが大切です。
    原因を知ることで対策を立てることができます。
    例えば、寝不足が原因ならば、今日は十分な睡眠を取るようにする、
    疲れがたまっているならば、思い切ってダイエットを休みにしてみるなど、
    リラックスさせる方法はたくさん浮かんでくるはずです。

  ストレスは考えることによって大部分が軽減されていきます。


 ・ストレスをため込まないために
  対処法や付き合い方が分かっても、出来るならストレスなどため込みたくありませんし、
  毎日爽やかに過ごしたいものです。

  ストレスをため込まないようにするためには、
  自分が好きなこと(もの)を明確にしておくことです。

  それをやることで「充実した」と感じられるもの。
  楽しいこともストレスの原因になると書きましたが、
  苦しいだけの毎日では精神がやられてしまいます。

  1日に一瞬だけ、誰にも邪魔されないで好きなことに触れられる時間を作りましょう。
  それは全てへの活力になるはずです。



 日常生活においてもダイエットにおいても、ストレスはなかなか切れない相手だと思います。
 今回ご紹介したストレス対策はほんの一例に過ぎません。
 また、対策方法に答えはないと思いますので、
 自分なりの対策を考えてみることも大変有効だと思います。
 ストレスを和らげて楽しい毎日を目指しましょう!


 参考
 ヤフージャパン特集「心療内科医に聞く。怒りをコントロールする方法」2011/6/21

 





このページのトップへ


本気で痩せるダイエット『ホーム』 > ダイエットワンポイントアドバイス > ダイエットとストレス対策


Copyright All Reserved by 本気で痩せるダイエット since 2011