本気で痩せるダイエット



トレーニング器具
ダイエット5つの法則
ダイエット継続のコツ
ダイエットの基礎知識
食  事
トレーニング
トレーニング動画集
特 集
その他
| ダイエットの心構え | ダイエットに成功するには |  間違ったダイエット | 痩せる理屈はこれだ | ダイエット 法則のまとめ |
| 痩せるための目標を設定 | 無理なダイエットはしない事 |  痩せる事は我慢の繰り返し | 見て我慢する事もダイエット |
| ダイエットは自分との戦い |
| 体脂肪について | 痩せすぎのリスク |  同体重でも見栄えが違う理由 | 加齢により体型は変化する | 脂肪の種類 |
| 太る原因はこれだ | 基礎代謝について |
| 食事の基本 | 五大栄養素の特徴 | 五大栄養素の特徴(2) | 太りやすい食事法 | 調理方法で工夫しよう | 
| 体脂肪を燃焼させる栄養素 |  リバウンドの原理 | 成分の調べ方 |
| トレーニングのメリット | ウエイトトレーニングの必要性 |  有酸素運動の必要性 | 有酸素マシンの違い |
| スクワットの正しいフォーム | 腹筋の正しいやり方 |  お勧めワークアウト動画 |
| エステダイエット効果を検証 | 無料メール相談実施中 |  ダイエット記録用紙ダウンロード | ダイエットよくある質問Q&A |
| 相互リンクはこちら | リンク集 | 各種ご依頼はこちら | このホームページの使い方 | サイトマップ |





本気で痩せるダイエット『ホーム』 > ダイエットワンポイントアドバイス > 脂質が少ない食材



−アドバイス−




相互リンク募集中

 脚痩せならばエルセーヌがお勧め
  [エルセーヌ]骨盤ロマネスク脚やせ集中コース
 体験コース(3,150円)




 


 このページの関連ページ
 −トレーニング−
 ・トレーニングのメリット
 ・ウエイトトレーニングの必要性
 ・有酸素運動の必要性
 ・有酸素マシンの違い

 −食 事−
 ・食事の基本
 ・五大栄養素の特徴
 ・五大栄養素の特徴(2)
 ・太りやすい食事法
 ・調理方法で工夫しよう
 ・体脂肪を燃焼させる栄養素
 ・リバウンドの原理
 ・成分の調べ方



本気で痩せるためのダイエットを紹介!


 脂質が少ない食材

 ダイエットをする上で重要なことは、脂質の量を制限すること。
 脂質量を制限できれば同時にカロリー制限に繋がります。
 そこで、今日は脂質の少ない食材について紹介したいと思います。

 1.白米やパスタ
   米や麺類などの炭水化物を多く含む食材は、概して脂質が少ないです。
   米もパスタも脂っこくはないですよね?
   なので、ここは間違いやすいところですが、
   米や麺類そのものはそれ程太る原因にはならないのです。

   もちろん、炭水化物も摂り過ぎれば脂肪の原因となりますが、
   基本的にはエネルギー源となりますから、一般的な量ならば問題ありません。

   また、炭水化物は体を動かすエネルギー源であることはもちろん、
   脳への栄養素でもあります。
   従って、一時期流行った炭水化物を抜くダイエットは、
   あまりお勧めできるものではありません。


 2.魚介類
   魚介類には低脂肪高タンパクなものが多く、ダイエット中の方にもお勧めです。
   ダイエット中は、過度な食事制限から栄養バランスが乱れ、
   炭水化物やタンパク質が不足しがちです。
   これらは基礎代謝の低下や体臭の原因にもなると言われています。

   ダイエット中は、肉などの脂質の高い食材を選びづらい分、
   魚介類、特に刺身などで必要なタンパク質を摂取し上記の症状を防ぎましょう。


 3.肉類
   肉類の中にも低脂肪のものがあります。
   鳥胸肉・ささみ・各レバー、これらは低脂肪の肉類です。
   特に鳥胸肉やささみは非常に低脂肪です。

   ダイエット中は味のある食事から遠ざかることもしばしばあると思います。
   そんな時、どうしても焼いた肉が食べたい!と思ったら鳥胸肉やレバーにしましょう。

   また、鳥胸肉やささみは焼いても茹でてもパサパサで食べづらいですよね。
   なので私は『ささみサラダ』にして食べてました。
   茹でたささみを粉々にしてサラダと一緒にドレッシングで食べる。
   これは意外と抵抗なく食べられます。


 ダイエットは如何にして低脂肪の食材を見つけてくるかが成功の秘訣です。
 工夫して脂質を減らしましょう。

 





このページのトップへ


本気で痩せるダイエット『ホーム』 > ダイエットワンポイントアドバイス > 脂質が少ない食材


Copyright All Reserved by 本気で痩せるダイエット since 2011